田村が劇的決勝打!千隼は開幕7連勝!

野球

今日は野球デーでした。
14時から高校野球決勝、17時からロッテ、TVに張り付く休日になりました。

高校野球は智弁和歌山が智弁対決を制し優勝、関西在住の私からすれば今年の高校野球はアツい結果となりました。
大阪以外の5府県がベスト8、優勝候補であった大阪桐蔭だけがベスト8入りできなかったことも不思議な話です。
まあとはいえ全ての高校球児はコロナ禍の大変な状況の中で本当にお疲れ様でした。

優勝した智弁和歌山はロッテで言うと東妻がいます。
今はまだ敗戦処理のような立ち位置ですが、先日は久々の勝利投手となり今後の優勝争いにも欠かせない存在です。
母校の優勝に感化されて飛躍することを願います。

そして今日のロッテは仙台でのカード最終戦、見事スイープを決めました。
前回のマリンでのスイープに続き楽天戦は6連勝、昨年は苦手としていた相手に今年は11勝6敗1分とお得意様状態です。

先発のロメロは150kmを超える速球を中心に6回を無失点。
左であの角度からキレのあるボールを投げる様は相手に厄介な印象を与えた気がしますね!

国吉・加藤がしっかり一軍戦力になっており、今日はロメロも勝利に貢献、補強が見事にドンピシャです。
ある意味アッパレなフロント、優勝すればより評価されるのでしょう。

その国吉は藤岡のエラーに動揺することなく後続をピシャリ。
またもホールドを記録し、防御率も2点台で安定感が出てきました。

さらには佐々木千がまたも勝ち運を発揮、7勝0敗で開幕7連勝はチームでは黒木以来の快挙です。
防御率も圧巻の1.10と今や12球団一を争うセットアッパーに成長しました。
さすがにここまで勝ち運が凄いと2ケタ勝利にも期待してしまいますね(笑)
まあ本当は先発に勝ちがつくことがベストですけどね。

最後は益田がピンチを背負いながらも28セーブ目を記録。
益田も防御率が2.03で1点台も見えてきました。
やはり万全な状態の益田は見ていて惚れ惚れしますし、優勝には絶対に欠かせない存在ですね!

その益田をリードした田村が今日のヒーローでした。
しばらく控えでの起用が続いていますが、その間はチームの調子が良いという複雑な心境もあったかと思います。

しかし田村の魅力はまさに今日のような粘りです。
ノーアウト二三塁という大チャンスでレアード・佐藤が犠飛も内野ゴロも打てない失態、嫌な空気が流れていました。
それでも最後の砦であった田村は追い込まれてから脅威の粘り、決め球に戸惑う楽天バッテリーを打ち砕きました。

振り抜いた打球は三遊間を破る見事なタイムリー。
右方向ではなく引っ張りにいった所に思い切りの良さも出ていましたね!
私は加藤よりは田村派ですので、なんとかレギュラー復帰に向けて今日のような粘りを継続して欲しいですね。

1ゲーム差で追っていた楽天を相手に3連勝、逆に2ゲーム差を付けることに成功しました。
さらにはその間に怖いソフトバンクも2敗1分、しばらくはオリックスだけを見て戦いが出来そうです。

そのオリックスとは2.5ゲーム差、直接対決は残り9試合もありますから十分に追い抜ける差です。
昨日の記事にも書いたように優勝のライバルがロッテとなった場合は山本・宮城のローテ改編もあると思います。
この二人から大量得点することはほぼ不可能、そうなるとこちらも得点を与えなければ良いわけです。
つまり先発陣の安定がかなり重要ではないかと、そういう意味ではこの3連戦は先発が17イニングで1失点ですから朗報です。

最後に、和田の最終回のスーパープレイは見事でした!
和田でなければ同点どころか逆転サヨナラ負けもあったと思いますし、まさに守備固めがハマりました。
本当に素晴らしい選手ですね!

以上、ロッテファンの皆さん、優勝に向けて頑張って応援しましょう!

よければポチッと宜しくお願い致します(^^)!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村


千葉ロッテマリーンズランキング

コメント